株式会社ジェイ・メイト

関東の軽作業派遣ジェイ・メイト

社員インタビュー

川上勝幸

◇どうやって入社されました?
元々はアパレルの仕事をしたくて、実際やりました。ただ、やりたくてやったんですけど、理想と現実ってやはり違って...仕事と趣味を混同してはいけないんだと思いました。そのタイミングで子供ができたんです。転機でしたね。自分のできることってなんだろう、仕事ってなんだろうとか、一度立ち止まって考えました。
 
実は以前にジェイ・メイトでは働いたことがあって、佐々木課長とプライベートな繋がりが残っていたんです。自分が迷っているときに自分の悩みを親身に聞いてくれて、背中を推してくれたんです。それがきっかけですね。
 


◇仕事内容
本社にて、スタッフの手配業務と営業をしています。佐々木課長から「内勤やらない?」って言われまして。課長は親分肌で一見こわもてですが、芯は優しいですよ。
 
◇ジェイ・メイトの頑張っているところ
スタッフに対して「親身である」ことが、良い面ばかりではないところですね。スタッフに対して「親身である」と、スタッフと「仲良くなる」。そうすると、「あの人だから大丈夫」っていう先入観が生まれてしまう。仕事として規律を保っていくためにも、「仲良く」と「仕事」のバランスを上手くとっていくよう頑張っています。
 
◇ジェイ・メイトの良いところ
親身になってくれるところですね。その上司は部下に、社員はスタッフに。
皆現場を知ってるので、現場とか仕事の悩みとかもわかるんですよ。私も現場経験あるので、
この仕事を始めるのに迷っている方はぜひ私にご相談ください(笑)
 


青木岳史

◇どうやって入社されました?

13年くらい前ですかね、当時はバンド活動をしていたのですが、自分の好きな日程で働ける派遣としてジェイ・メイトで働き始めました。


ロック全般が好きですが、特にUKロックが好きでした。メタルとかもいけます。

OASISとか世代ですね(笑)パートはギターで作曲もしてました。


バンドと派遣を並行して30歳を過ぎた頃、一つの区切りを付けようと決めました。そんなときにジェイ・メイトから社員として採用のお声をいただき、ジェイ・メイトで現場社員として働くことになりました。


◇仕事内容

現場スタッフの管理になります。デスクワーク的な事務ですね。

人を扱っている立場ですし、ミスが無いようになど細心の注意を払いながら仕事しています。


◇ジェイ・メイトの頑張っているところ

ジェイ・メイトというより私ですが、現場と管理側は物理的障壁によって、どうしても距離ができてしまう。なので、自分から積極的にコミュニケーションを取るようにしています。


◇ジェイ・メイトの良いところ

今与えられていることに対して、現状維持ではなくもっとアイデアと発想力を持って、新しく入ってくる人たちが働ける環境を作っていくという意識を私は持って働いています。1社員でもそういった”変えていく”心構えで働けるところは、良いところですね。


五味真一

◇どうやって入社されました?
元々同業他社にいたのですが、縁あって内田社長からお誘いを頂きました。自分に何か協力ができることがあればと思い、入社しました。人の縁は大事にしています。
 
前の会社は結果をだせば自由にやらせていただける全く不満の無い環境でした。ただ、ジェイ・メイトでは自分がいままでやれなかったフィールドで仕事ができると思いました。前の会社に居続けたらそのフィールドにいけなかったと思います。今は会社経営という面で普通なら経験できないことも経験させて頂けてます。


◇仕事内容
営業及び、営業業務の統括管理をしています。
 
◇どういう想いで働いていますか?
例えば私達が1人のスタッフを辞めさせてしまった場合、それはその人の生活を終わらせてしまうことになります。内田社長が人を大切にする会社という方針を打ち出しているというのもありますが、私達はスタッフの生活を守っているという責任は持っています。同じように従業員や従業員の家族であったりとか、そういうものは守っていかなければならないなと思っています。そこにも責任は感じています。
 
◇ジェイ・メイトの良いところ
スタッフからの声なのですが、「ジェイ・メイトっていつでも仕事を用意してくれる」と言ってくれますね。
そういう声が届く分には、スタッフとの距離は遠くはないのかもしれません。これからも社員・スタッフが働きやすい会社を作るために、頑張っていかなければならないところは一杯あるので、日々頑張っていきます。